メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  アトピーに対する新治療薬の可能性!

アトピーに対する新治療薬の可能性!

痒み伝達におけるSTAT3の役割を解明

2023年12月04日 13:55

194名の医師が参考になったと回答 

 アトピー性皮膚炎の炎症や痒みにはさまざまなサイトカインが関与している。これらのサイトカインは痒みの誘導に際し、感覚神経に発現している受容体に作用することが示唆されている。理化学研究所生命医科学研究センター組織動態研究チームの髙橋苑子氏らは、感覚神経のインターロイキン(IL)-31受容体下流における痒み誘導メカニズムについて検討した結果をCell Rep2023年11月28日オンライン版)に報告。皮膚炎に伴う痒みの伝達では、感覚神経における転写因子STAT3の活性化が重要な役割を果たしており、IL-31依存的な痒みだけでなく、IL-31非依存的な炎症性の痒みにも関連することを示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  アトピーに対する新治療薬の可能性!