メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  ヘルスデーニュース »  僧帽弁形成術後の心房細動は転帰不良や生存率低下と関連

僧帽弁形成術後の心房細動は転帰不良や生存率低下と関連

2023年12月05日 05:00

171名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 多くの心臓手術では術後に不整脈の一種である心房細動が生じることが珍しくなく、医師もこれを一過性で無害なものと見なす傾向がある。しかし、心臓弁の修復術に関しては、無害ではない可能性があるようだ。新たな研究で、僧帽弁形成術後に生じた心房細動は、転帰不良や生存率の低下と関連することが示唆された。論文の筆頭著者である米ミシガン大学アナーバー校心臓外科部門のWhitney Fu氏らによるこの研究の詳細は、「The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery」に9月12日掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  ヘルスデーニュース »  僧帽弁形成術後の心房細動は転帰不良や生存率低下と関連