メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  患者と外科医が同性なら術後死亡率は良好か

患者と外科医が同性なら術後死亡率は良好か

4通りの組み合わせで比較

2023年12月05日 16:54

190名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 カナダ・University of TorontoのChristopher J.D. Wallis氏らは、米国のMedicare加入者のうち急性期病院で手術を受けた290万例超のデータの後ろ向き観察研究により、患者と外科医が同性であることが、術後短期の死亡率と関連しているか否かを検討。患者と外科医の性による4通りの組み合わせで死亡率を比較した結果をBMJ2023; 383: e075484)に報告した。(関連記事「外科医の性別で患者の臨床転帰に差」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  患者と外科医が同性なら術後死亡率は良好か