メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎、薬剤使い分けのポイント

アトピー性皮膚炎、薬剤使い分けのポイント

海外のエキスパートに聞く、重症例への推奨薬、新薬の現状と課題

2023年12月06日 18:39

205名の医師が参考になったと回答 

 近年、既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎(AD)に対する新たな治療選択肢として生物学的製剤やヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬が相次いで登場しているが、それらの違いや臨床上の使い分けの基準は明確ではない。先ごろ来日したドイツ・University Hospital Augsburg/Ludwig Maximilian University of MunichのAndreas Wollenberg氏の話を中心に新薬の現状と可能性、課題などについてまとめた。同氏はADの複数の薬剤について国際共同治験に関わるとともに、欧州の診療ガイドラインの全身療法編『European guideline (EuroGuiDerm) on atopic eczema:part I systemic therapy』(J Eur Acad Dermatol Venereol 2022;36:1409-1431)の筆頭著者である。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎、薬剤使い分けのポイント