メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  がんサバイバーの心疾患死亡比は2.8倍

がんサバイバーの心疾患死亡比は2.8倍

大阪がん登録データに基づく後ろ向き研究

2023年12月06日 11:19

169名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 大阪大学大学院神経内科学の権泰史氏らは、大阪がん登録(Osaka Cancer Registry;OCR)のデータを用いて、がんサバイバーおよび一般住民における心疾患死亡率を分析した研究の結果をJ Am Heart Assoc(2023; 12: e029967)に報告。「一般住民と比べ、がんサバイバーにおける心疾患の標準化死亡比(standardized mortality ratio;SMR)は2.8と高かった。全体的な傾向は海外の既報と同様だったが、一部のがん種や進行度においては既報と異なる結果が得られた」と述べている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  がんサバイバーの心疾患死亡比は2.8倍