メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  低用量MTX、高齢CKD患者で有害事象増

低用量MTX、高齢CKD患者で有害事象増

カナダ・後ろ向きコホート研究

2023年12月06日 18:03

160名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 カナダ・ICES Western/Western UniversityのFlory T. Muanda氏らは、高齢の慢性腎臓病(CKD)患者における低用量メトトレキサート(MTX)の安全性をヒドロキシクロロキン(HCQ)と比較する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、低用量MTX群における投与開始後90日間の重篤な有害事象の発現リスクはHCQ群の約2倍に上ったとJAMA Netw Open2023; 6: e2345132)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  低用量MTX、高齢CKD患者で有害事象増