メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  GLP-1作動薬で甲状腺がんリスク上昇

GLP-1作動薬で甲状腺がんリスク上昇

RCT 64件のメタ解析

2023年12月07日 17:10

263名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬は2型糖尿病の治療薬として広く使用され、最近では肥満症を適応とする新薬も登場するなど注目を集めているが、以前から甲状腺がんリスクの存在が指摘されている。イタリア・University of FlorenceのGiovanni A. Silverii氏らは、GLP-1受容体作動薬投与と甲状腺がんリスクの関連を検討するため、ランダム化比較試験(RCT) 64件のシステマチックレビューおよびメタ解析を実施。その結果、GLP-1受容体作動薬が中等度のリスク上昇と関連していたとDiabetes Obes Metab2023年11月29日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  GLP-1作動薬で甲状腺がんリスク上昇