メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全合併例でも有用

ダパグリフロジン、心不全合併例でも有用

心血管イベントを抑制

2023年12月08日 05:10

211名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 SGLT2阻害薬は、2型糖尿病や心不全(HF)の有無にかかわらず尿中のアルブミン/クレアチニン比(UACR)を低下させるが、両者を併発する患者における低下作用はまだ報告されていない。国立循環器病研究センター腎臓・高血圧内科部長の吉原史樹氏、臨床研究開発部の北風政史氏らは、2型糖尿病とHFの併発患者におけるダパグリフロジンのUACRに対する効果について多施設共同ランダム化非盲検並行群間標準治療対照試験DAPPERを実施。ダパグリフロジンは尿中アルブミン量を減少させなかったが、心血管(CV)イベント、左室リモデリングを抑制したとEClinicalMedicine(11月27日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全合併例でも有用