メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  健康・公衆衛生 »  親の勧めがHPVワクチン接種を促進

親の勧めがHPVワクチン接種を促進

2023年12月11日 17:15

180名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 子宮頸がんは主にヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染により発症し、日本では年間1万例以上の報告がある。HPVの感染率は男女ともに高く、性交渉で感染するため予防には性行為開始前年齢でのワクチン接種が有効である。しかし、日本では2013年4月にHPVワクチンが定期接種化された直後に副反応の報告により積極的勧奨が中止された。昨年(2022年)4月に再開されたものの、センセーショナルな報道をきっかけに広まった誤情報に基づくワクチンへの不信感が再開後も根強く、接種率低迷が課題となっている。大阪公立大学看護学研究科講師の髙知恵氏らは、積極的勧奨中止期間に対象年齢を迎えた女性を対象とする意識調査を実施。親の勧めがワクチン接種を強く促す一方で副反応への不安が負の関連を示したとの結果をJMA Journal2023年11月16日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  健康・公衆衛生 »  親の勧めがHPVワクチン接種を促進