メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1受容体作動薬で大腸がんリスク低下

GLP-1受容体作動薬で大腸がんリスク低下

糖尿病治療薬7種と比較

2023年12月12日 13:41

221名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 2型糖尿病治療薬であるGLP-1受容体作動薬は、血糖低下だけでなく体重減少などの効果も認められている。米・Case Western Reserve University School of MedicineのLindsey Wang氏らは、肥満が大腸がんの主要な危険因子であることから、GLP-1受容体作動薬が他の糖尿病治療薬と比べ大腸がんリスクを低下させるかを検討する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、肥満の有無にかかわらず2型糖尿病患者の大腸がんリスクを低下させたとJAMA Oncol2023年12月7日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1受容体作動薬で大腸がんリスク低下