メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK阻害薬不応関節リウマチ、別のJAKが有用

JAK阻害薬不応関節リウマチ、別のJAKが有用

2023年12月13日 18:24

200名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)治療においてヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬はメトトレキサート(MTX)で効果不十分な患者に対し考慮されるが、一定の頻度で治療抵抗性例が存在する。産業医科大学第1内科学講座の宮崎佑介氏は、自施設を中心とした多施設共同研究であるFIRST registryのデータを解析し、JAK阻害薬治療抵抗性RA(JAKi-IR)患者の特徴を検討。治療薬の変更においては生物学的製剤(bDMARD)に比べ、別のJAK阻害薬による治療の方が有用である可能性が示唆されたと第38回日本臨床リウマチ学会(11月18~19日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK阻害薬不応関節リウマチ、別のJAKが有用