メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  女性悩ます金属アレルギー、診療課題が山積

女性悩ます金属アレルギー、診療課題が山積

2023年12月14日 19:00

199名の医師が参考になったと回答 

 日本では金属アレルギーに関する本格的な疫学調査は行われていないが、日本皮膚免疫アレルギー学会の調査によると、パッチテストでニッケル、クロム、コバルト、金などの陽性率が高いことが示されている。藤田医科大学ばんたね病院総合アレルギー科教授の矢上晶子氏らは金属アレルギーに関する全国インターネット調査を実施し、結果を第72回日本アレルギー学会(10月20~22日)で発表。「金属アレルギーを自覚している人の約7割が女性で、金属服飾品による皮膚炎が圧倒的に多かった。医療機関を受診しても約3割が検査が受けていない実態も判明したことから、金属アレルギー診療の手引きの策定が急務である」と述べた(関連記事:「ニッケル含有ピアスの危険性を知っていますか」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  女性悩ます金属アレルギー、診療課題が山積