メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  レンボレキサント中断理由、眠気と悪夢が多い

レンボレキサント中断理由、眠気と悪夢が多い

2023年12月14日 18:15

218名の医師が参考になったと回答 

 日本で不眠症治療に多用されるベンゾジアゼピン系薬には転倒や認知機能低下、依存性などの副作用が報告されている。近年登場したオレキシン受容体拮抗薬は、覚醒を促す神経伝達物質の作用を阻害するという機序から依存性は低いとされるが、副作用として悪夢を生じることによる薬剤変更例の報告がある。まつばら心療内科(福岡市)院長で医師の松原慎氏は第27回日本心療内科学会(12月9~10日)で、オレキシン受容体拮抗薬レンボレキサントを投与した不眠症の自験例について、中断理由を分析した結果を紹介。眠気と悪夢が多かったとの結果を報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  レンボレキサント中断理由、眠気と悪夢が多い