メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  胃酸抑制薬の長期使用が酒皶発症に関連

胃酸抑制薬の長期使用が酒皶発症に関連

韓国・国民健康保険請求データの解析

2023年12月21日 05:10

243名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 韓国・Kangwon National University HospitalのJi Hyun Kim氏らは、同国の国民健康保険サービス・全国サンプルコホート(NHIS-NSC)のデータを用い、胃酸抑制薬として広く用いられているプロトンポンプ阻害薬(PPI)およびH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)と酒皶との関連を後ろ向きに検討。その結果、これらの胃酸抑制薬の使用期間が長くなるほど酒皶の発症と強く関連したとJ Korean Med Sci2023; 38: e402)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  胃酸抑制薬の長期使用が酒皶発症に関連