メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ薬の中止率、JAK阻害薬間で差

リウマチ薬の中止率、JAK阻害薬間で差

JAK-pot研究で有害事象によるリスクを比較

2023年12月21日 17:35

176名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ORAL Surveillance試験では、関節リウマチ(RA)治療において、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬トファシチニブは腫瘍壊死因子(TNF)α阻害薬と比べ、悪性腫瘍リスクが高いことが示されている(関連記事「トファシチニブ、TNF阻害薬よりがんなど増」「トファシチニブでがんリスクが高まる要因」)。一方、スイス・Geneva University HospitalsのRomain Aymon氏らは、国際共同レジストリ研究JAK-potにおいて、JAK阻害薬、TNFα阻害薬、TNFα阻害薬以外の生物学的製剤(OMA)で主要心血管イベントの発現率に差はなかったと報告している(関連記事「JAK阻害薬 vs. bDMARD、心血管イベントに差なし」)。同氏らは今回、同研究のデータを基に有害事象(AE)による治療中止率に焦点を当てた解析を実施。JAK阻害薬全体ではなく、特定のJAK阻害薬においてAEによる治療中止との関連が示唆されたことをAnn Rheum Dis2023年12月8日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  リウマチ薬の中止率、JAK阻害薬間で差