メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  デュシェンヌ型筋ジス薬NS-089/NCNP-02が欧州でオーファン指定

デュシェンヌ型筋ジス薬NS-089/NCNP-02が欧州でオーファン指定

日本新薬

2023年12月22日 11:54

84名の医師が参考になったと回答 

 日本新薬は昨日(12月21日)、開発中のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬候補NS089/NCNP-02について、欧州委員会からオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)指定を受けたと発表した。同薬は今年(2023年)6月、米食品医薬品局(FDA)から希少小児疾患指定を、7月にはブレイクスルーセラピー指定、オーファンドラッグ指定をそれぞれ受けている。

 同薬は日本新薬と国立精神・神経医療研究センターの共同研究により見出されたアンチセンス核酸で、エクソン44スキッピングにより治療可能な遺伝子変異が確認されたDMD患者が対象。同薬投与によりジストロフィン遺伝子の一部の遺伝情報が読み飛ばされ、鎖長がやや短いものの機能を有するジストロフィン蛋白質が産生されることで、筋機能低下の抑制効果が期待されている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  デュシェンヌ型筋ジス薬NS-089/NCNP-02が欧州でオーファン指定