メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  胆石症の保存的治療と手術、QOLに差は?

胆石症の保存的治療と手術、QOLに差は?

非合併例で優越性試験

2023年12月25日 05:10

174名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 胆石症は良性のケースが大半を占めるにもかかわらず、英国などでは外科的手術が標準治療とされている。しかし、術後の合併症リスクや疼痛、医療費などの観点から、保存的治療と手術で患者のQOLや質調整生存年(QALY)にどの程度の差があるのかが疑問視されている。英・NHS GrampianのIrfan Ahmed氏らは、合併症のない胆石症患者に対する両治療法による患者QOLやQALYを多施設並行群間実用的ランダム化優越性試験で検討。結果をBMJ2023: e075383)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  胆石症の保存的治療と手術、QOLに差は?