メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  多汗症患者の2型糖尿病リスクは2倍超

多汗症患者の2型糖尿病リスクは2倍超

2023年12月28日 18:35

212名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 多汗症では、視床下部の障害により交感神経系(SNS)が過剰に活性化され、反射回路の神経原性の興奮性が高まる。既報では、SNSの過剰活性化は代謝症候群、肥満、インスリン抵抗性のリスクを高めることが示されている。しかし、多汗症と2型糖尿病の関連については明らかでない。そこで台湾・MacKay Memorial HospitalのChih-Kai Wong氏らは、台湾国民健康保険研究データベースを用いて両者の関連を検討。多汗症患者の糖尿病リスクは、多汗症のない人に比べ2.44倍と高いことをKaohsiung J Med Sci(2023年12月26日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  多汗症患者の2型糖尿病リスクは2倍超