メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  更年期障害の女性、多くが受診せず

更年期障害の女性、多くが受診せず

国内初の大規模調査

2024年01月09日 14:40

137名の医師が参考になったと回答 

 近年、更年期障害に悩む女性たちに対するアンケートが多数実施され、症状の困難さが明らかになりつつある。しかし、医療機関の受診状況や受診率、治療内容など、日本人女性の更年期障害に関する実態調査はこれまで行われていなかった。産業医科大学産業生態科学研究所環境疫学研究室の大河原眞氏は、健康保険組合のレセプトデータを用いた日本初の大規模疫学調査を実施し、結果を第38回日本女性医学学会(2023年12月2~3日)で報告。「受診率は既報の有症状者と比べて低く、症状があっても受診に至っていない女性が多く存在する可能性が示唆された」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  更年期障害の女性、多くが受診せず