メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  わずか2%!バイオ未処方に影響する因子は?

わずか2%!バイオ未処方に影響する因子は?

化膿性汗腺炎の治療選択に影響する因子

2024年01月15日 05:10

167名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 アダリムマブは中等度〜重度の化膿性汗腺炎の第一選択薬であるにもかかわらず、米国の化膿性汗腺炎患者2万5,966例を対象とした横断研究によると、同薬または第二選択薬のインフリキシマブの処方割合はわずか1.8%にとどまる(J Am Acad Dermatol 2021; 84: 1399-1401)。そのため、疾患のコントロールが悪くオピオイドを含む鎮痛薬などの疼痛緩和策を講じる必要性が増している。米・Emory University School of MedicineのNicole Salame氏らは、化膿性汗腺炎患者の治療決定に影響する因子を明らかにする目的で半構造化面接を実施。意思決定に影響する因子として、痛みの閾値、治療リスクの認識、治療による疲労、疾患の理解、情報源が同定されたとJAMA Dermatol2024年1月10日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  わずか2%!バイオ未処方に影響する因子は?