メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  臨床医学 »  日本の医学部長と大学病院長の特徴

日本の医学部長と大学病院長の特徴

2024年01月16日 05:05

215名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 医学部長や大学病院長は医療機関におけるリーダーとして極めて重要な立場にあり、組織の臨床・研究・教育・経営の方向性を決める役割を担うだけでなく、社会全体の医療分野および医療保健システムの機能に大きな影響力を及ぼしている。したがって、公平かつ透明性の高い方法で多様な背景を有するリーダーを選抜すべきだが、日本における大学病院長や医学部長の背景や特徴は十分に検討されていない。島根大学病院総合診療医センター准教授の和足孝之氏らは、日本では大学病院長および医学部長の多様性が欠如しているとの研究結果をJAMA Netw Open2024; 7: e2351526)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  臨床医学 »  日本の医学部長と大学病院長の特徴