メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  心不全患者のフレイルをAIで自動判定

心不全患者のフレイルをAIで自動判定

歩行様式の動画から定量評価するアプリを開発

2024年01月16日 16:56

152名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心不全患者の15~50%がフレイルを合併している。高齢心不全患者の治療方針決定および予後予測において、既存のフレイル指標であるClinical Frailty Scale(CFS)は有用とされている。しかし、CFSの評価基準は主観的であるため、専門医と非専門医での評価の一致率に課題がある。北海道大学大学院心不全低侵襲先進治療学分野の水口賢史氏らは、高齢心不全患者の歩行様式を撮影した動画データを用いた深層学習により、高精度にフレイルを自動判定する人工知能(AI)アプリを開発したとEur Heart J2023年12月20日オンライン版)に発表した。(関連記事「高齢心不全のフレイル評価に有用な指標FI」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  心不全患者のフレイルをAIで自動判定