メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  AIでTAVI後の高リスク群が判明

AIでTAVI後の高リスク群が判明

2024年01月17日 17:35

193名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 日本では、超高齢社会を背景に大動脈弁狭窄症が増加の一途をたどっている。治療法として経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)があるが、術後に予後不良群が一定数存在する。琉球大学循環器・腎臓・神経内科学講座教授の楠瀬賢也氏らは、TAVI治療を受けた重症大動脈弁狭窄症患者1,365例のデータを用いて、人工知能(AI)によるクラスター解析を実施。高リスク群など予後が異なる3つの患者群を特定したとEur Heart J Open2023; 4: oead136)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  AIでTAVI後の高リスク群が判明