メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  AIによる大腸がん検出支援、国際試験開始

AIによる大腸がん検出支援、国際試験開始

国がん主導、アジア6カ国・地域が参加

2024年01月17日 17:02

164名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 大腸内視鏡による大腸がん検診は大腸がんの早期発見、前がん病変(ポリープ)の発見に伴う発症および死亡リスクの低減が知られている。しかし、病変の見落としが一定の頻度で生じることから、病変発見能の向上が課題となっている。国立がん研究センター中央病院内視鏡科科長の斎藤豊氏らは1月11日、大腸がん検診受診者を対象に人工知能(AI)による病変のコンピュータ検出支援(CADe)の有効性を検討する目的で、アジア6カ国・地域による国際多施設共同非盲検並行群間比較試験NCCH2217(Project CAD)を開始すると発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  AIによる大腸がん検出支援、国際試験開始