メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  がん患者の脳卒中、リスク特定に前進

がん患者の脳卒中、リスク特定に前進

2024年01月17日 17:44

169名の医師が参考になったと回答 

 日本人の死因の1位はがん、4位は脳血管疾患(以下、脳卒中)であり、両疾患の合併は高頻度で見られる。脳卒中はがん治療を阻害し予後不良にもつながるため、予防および治療戦略の開発が望まれるものの、これらに関する研究は少なく、エビデンスも不足している。NTT東日本関東病院(東京都)腫瘍内科医長の水上拓郎氏は、国内がん患者における脳卒中発症の危険因子を探索するシステマチックレビューを実施。結果を第1回Stroke-Oncology研究会(2023年12月16日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  がん患者の脳卒中、リスク特定に前進