メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  閉経前乳がんの治療選択肢が拡大

閉経前乳がんの治療選択肢が拡大

パルボシクリブ+タモキシフェン併用療法

2024年01月18日 14:55

145名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 乳がんは日本の女性におけるがんで最も罹患者数が多く、欧米に比べて閉経前乳がんの割合が高いが、閉経前のホルモン受容体(HR)陽性/HER2陰性の進行・転移性乳がんに対する治療選択肢は限られている。国立がん研究センター中央病院(NCCH)などの研究グループは、HR陽性/HER2陰性の進行・転移性乳がんの女性患者を対象に、パルボシクリブ+タモキシフェン併用療法の有効性と安全性を検証する第Ⅲ相国際共同医師主導試験PATHWAYを実施。無増悪生存(PFS)の有意な延長が確認されたとの結果を受け、パルボシクリブの製造販売元であるファイザーが同薬の添付文書を改訂したと同社の公式サイトで発表した。(関連記事「閉経前乳がん、併用療法に新たな選択肢」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  閉経前乳がんの治療選択肢が拡大