メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  米国特許商標庁がSeagen社の特許無効を決定

米国特許商標庁がSeagen社の特許無効を決定

第一三共とのADCに関する係争で

2024年01月18日 12:24

39名の医師が参考になったと回答 

 第一三共は1月17日、同社が米国特許商標庁に請求した米・Seagenの米国特許10,808,039(以下、'039特許)に関する特許付与後レビュー(PGR)の結果、米国特許商標庁が'039特許を無効と決定したと発表した。

 第一三共は同社の抗HER2抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、商品名エンハーツ)について、2020年10月にSeagen社から'039特許を侵害していると提訴されており、2022年4月、テキサス州東部地区連邦地裁がSeagen社の主張を認める判決を下した。

 提訴後の2020年12月、第一三共は'039特許が無効として米国特許商標庁にPGR開始を請求していた。今回の決定について、同社は「高く評価している」とコメントしている

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  米国特許商標庁がSeagen社の特許無効を決定