メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  リウマチ・膠原病 »  RAの転帰は新規DMARD登場で大幅改善

RAの転帰は新規DMARD登場で大幅改善

KURAMAコホート研究:10年データの解析

2024年01月19日 13:25

197名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 京都大学病院リウマチセンターの藤井貴之氏らは、KURAMA(Kyoto University Rheumatoid Arthritis Management Alliance)コホートのデータを解析した結果、「過去10年間の関節リウマチ(RA)の転帰は、生物学的製剤や分子標的型疾患修飾性抗リウマチ薬(b/tsDMARD)の登場で大きく改善した」と Arthritis Res Ther(2024; 26: 16)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  リウマチ・膠原病 »  RAの転帰は新規DMARD登場で大幅改善