メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  「逆説的湿疹」の危険因子・低リスク薬が判明

「逆説的湿疹」の危険因子・低リスク薬が判明

生物学的製剤で治療中の乾癬患者に見られる湿疹様皮疹

2024年01月22日 17:31

191名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 生物学的製剤を用いた尋常性乾癬の治療中に、有害事象として湿疹様皮疹を生じるケースがある。逆説的湿疹(Paradoxical Eczema)と呼ばれる現象だが、危険因子は不明である。英・University of ManchesterのAli Al-Janabi氏らは、英国とアイルランドの168施設から2万例超の乾癬患者を登録するBritish Association of Dermatologists Biologics and Immunomodulators Register(BADBIR)のデータを利用して、生物学的製剤で治療中の尋常性乾癬患者に発生する逆説的湿疹に関連する因子を検討。危険因子とリスクが低い薬剤が判明したとの結果をJAMA Dermatol2024; 160: 71-79)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  「逆説的湿疹」の危険因子・低リスク薬が判明