メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  セロトニン症候群の発症機序を考察

セロトニン症候群の発症機序を考察

SSRIと第二世代抗精神病薬との交互作用か

2024年01月23日 12:00

184名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 台湾・Chang Gung HospitalのYun-Yun Hsieh氏らは、セロトニン症候群が疑われる高齢男性の症例報告をAm J Ther(2023年12月27日オンライン版)に発表。経過とともに過去の文献データを考察し、同症候群の発症機序としては、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と第二世代抗精神病薬の交互作用の可能性があると考察した(関連記事「医師85%が知らない"セロトニン症候群"総説」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  セロトニン症候群の発症機序を考察