メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  ファリシマブ、2年目も有効性維持

ファリシマブ、2年目も有効性維持

通院回数の減少にも期待

2024年01月23日 05:00

176名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 糖尿病黄斑浮腫(DME)患者を対象とした国際第Ⅲ相YOSEMITE/RHINE試験では、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)-A/アンジオポエチン(Ang)-2阻害薬ファリシマブは、1年時点で視力改善においてアフリベルセプト8週間隔投与に対する非劣性を示し、対象の半数以上が16週間隔投与を達成するという良好な持続性が示された。中国・Tsinghua UniversityのTien Y. Wong氏らは、両試験の2年目の成績を検討。ファリシマブの最長16週間隔投与によるベースラインからの臨床的意義のある視力改善、解剖学的改善および持続性の延長が2年目も維持されたとOphthalmology2023年12月27日オンライン版) に報告した(関連記事「黄斑疾患の新規治療薬、投与間隔延長に期待」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  ファリシマブ、2年目も有効性維持