メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  DPP-4阻害薬 vs. SGLT2阻害薬、医療経済性は?

DPP-4阻害薬 vs. SGLT2阻害薬、医療経済性は?

日本のリアルワールド医療保険請求データベース研究

2024年01月24日 05:10

244名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 淡海医療センター(滋賀県)糖尿病宇センター糖尿病内分泌内科の柏木厚典氏らは、株式会社JMDCが提供する医療保険請求データベースJMDC Claims Databaseを用い、日本人2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬の医療経済性をDPP-4阻害薬と比較する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、DPP-4阻害薬群と比べSGLT2阻害薬群で入院および外来受診回数が少なく、総医療費および入院費が低かったとJ Diabetes Investig2023年12月19日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  DPP-4阻害薬 vs. SGLT2阻害薬、医療経済性は?