メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  片頭痛薬、長期有効性の正確な把握に課題

片頭痛薬、長期有効性の正確な把握に課題

豪・抗CGRP抗体薬を用いた実臨床研究

2024年01月25日 16:25

189名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)抗体薬が慢性片頭痛の予防と治療に有効なことは臨床試験で示されているが、追跡期間が短く、試験から除外される患者も多いため、長期有効性の見極めや結果の一般化は難しい。オーストラリア・Alfred HealthのJason C. Ray氏らは、実臨床でCGRP抗体薬を投与された105例における12カ月の有効性を検討。3カ月時の奏効例の多くで治療継続により持続的奏効が得られた一方で、早期中止例も多く、効果判定時期を現行の3カ月より遅らせなければ長期有効性の正確な把握は困難であることが示唆された。詳細は、BMJ Neurol Open2024; 6: e000547)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  片頭痛薬、長期有効性の正確な把握に課題