メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  医療の現場レポート »  JMAT、能登半島北部への支援拡大目指す

JMAT、能登半島北部への支援拡大目指す

2024年01月26日 13:41

161名の医師が参考になったと回答 

 今月(2024年1月)1日に発生した能登半島地震の被災地支援を目的に日本医師会災害医療チーム(JMAT)が5日に石川県で活動を開始してから3週間がたつ。しかし、道路状況の悪さから、同県珠洲市をはじめ能登地域での支援活動はいまだ難航している。日本医師会は24日、定例の記者会見でJMATの活動状況を報告。同会常任理事の細川秀一氏は「今後は同県穴水町に設置した能登北部調整支部を拠点として支援の拡大を目指す」と発表した。(関連記事「能登半島地震、各医学会の動向まとめ」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  医療の現場レポート »  JMAT、能登半島北部への支援拡大目指す