メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  汎発性膿疱性乾癬の新たな関連遺伝子を発見

汎発性膿疱性乾癬の新たな関連遺伝子を発見

2024年01月29日 16:10

124名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 汎発性膿疱性乾癬は指定難病の1つであり、2021年度の特定医療費受給証所持者数は約2,000人と報告されている。好発年齢は小児期および30歳代で、発熱と皮膚の潮紅、無菌性膿疱の多発を主徴とし、再発と寛解を繰り返すケースが多い。治療の第一選択薬はエトレチナートやシクロスポリンで、近年では生物学的製剤も使用されるようになったが、効果的な治療法は確立していないのが現状である。名古屋大学病院皮膚科の吉川剛典氏らは、汎発性膿疱性乾癬患者から採取したDNAを用いた網羅的遺伝子バリアント解析から、同患者集団ではNEFV遺伝子変異を有する頻度が高いことを発見。新たな治療標的経路になりうるとJ Am Acad Dermatol2023年12月19日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  汎発性膿疱性乾癬の新たな関連遺伝子を発見