メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  Nirsevimab、乳児にRSVの入院予防効果あり

Nirsevimab、乳児にRSVの入院予防効果あり

第Ⅲb相試験HARMONIEの報告

2024年01月29日 05:00

162名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 英・St. George's, University of LondonのSimon B. Drysdale氏らは、RSウイルス(RSV)感染による下気道疾患の予防薬として昨年(2023年)米食品医薬品局(FDA)の承認を得たモノクローナル抗体nirsevimabの第Ⅲb相非盲検ランダム化比較試験HARMONIEを実施。パリビズマブの適応外となる生後12カ月以下の健康な乳児において、nirsevimab単回筋肉内注射がRSV関連下気道感染症による入院および重症化を予防することが示されたとN Engl J Med2023; 389: 2425-2435)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  Nirsevimab、乳児にRSVの入院予防効果あり