メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  帯状疱疹の疼痛にホスフェニトイン有効

帯状疱疹の疼痛にホスフェニトイン有効

日本人患者対象のRCT

2024年01月30日 09:50

157名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 帯状疱疹は、急性期に中等度から重度の疼痛が約6〜7割に発生するとされる。通常、非オピオイド鎮痛薬が使用されるものの、効果がないことが臨床現場ではよく見られる。順天堂大学順天堂医院麻酔科・ペインクリニック教授の井関雅子氏らは、非オピオイド鎮痛薬で十分な鎮痛効果が得られなかった帯状疱疹の急性期疼痛に対し抗てんかん薬のホスフェニトイン静注が有効であることを第Ⅱ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)により明らかにし、有望な代替治療法になりうるとJ Dermatol2023年12月27日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  帯状疱疹の疼痛にホスフェニトイン有効