メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  レンボレキサントは更年期の不眠にも有効

レンボレキサントは更年期の不眠にも有効

2024年01月30日 15:10

158名の医師が参考になったと回答 

 更年期障害の代表的な症状としてほてりや発汗が注目されるが、不眠症状に悩む女性は多く、閉経周辺期女性の31~40%に発症すると報告されている(J Obstet Gynecol Neonatal Nurs 2017; 46: 804-813)。東京医科歯科大学茨城県地域産科婦人科学講座教授の寺内公一氏は、不眠症治療薬レンボレキサント(LEM)の有効性と安全性を検討した第Ⅲ相国際共同二重盲検ランダム化比較試験LEM303(Sleep Med 2021: 80: 333-342)について、更年期女性におけるサブグループ解析を実施。第38回日本女性医学学会(2023年12月2~3日)で「プラセボ群に比べLEM 10mg投与群で主観的睡眠潜時(就寝時刻から入眠までの推定時間)が有意に改善した」と発表した。詳細はMenopause2023; 30: 839-848)に報告されている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  レンボレキサントは更年期の不眠にも有効