メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  CAR-T療法ブレヤンジ、再発・難治性濾胞性リンパ腫で適応追加承認を申請

CAR-T療法ブレヤンジ、再発・難治性濾胞性リンパ腫で適応追加承認を申請

ブリストル・マイヤーズ スクイブ

2024年01月31日 16:44

61名の医師が参考になったと回答 

 ブリストル・マイヤーズ スクイブは本日(1月31日)、CD19を標的とするキメラ抗原受容体遺伝子改変自家T細胞療法(CAR-T細胞療法)の製剤リソカブタゲン マラルユーセル(商品名ブレヤンジ静注)について、再発または難治性の濾胞性リンパ腫(グレード1、2、3A)に対する適応追加の承認を申請したと発表した。

 濾胞性リンパ腫は、Bリンパ球ががん化することで発症する。再発を繰り返すことが多く、治療を重ねるたびに無増悪生存期間(PFS)および全生存期間(OS)が短くなることが報告されている。日本国内では、悪性リンパ腫の中でびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に次いで2番目に多く、年間約9,400例が新規に診断されている。

 今回の承認申請は、再発または難治性のインドレント(低悪性度)B細胞性非ホジキンリンパ腫(グレード1、2、3Aの濾胞性リンパ腫を含む)患者を対象としたリソカブタゲン マラルユーセルの有効性および安全性を評価する国際共同第Ⅱ相試験(JCAR017-FOL-001試験)の主解析結果に基づいている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  CAR-T療法ブレヤンジ、再発・難治性濾胞性リンパ腫で適応追加承認を申請