メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  先発権は「たった4年」、既存薬開発の課題

先発権は「たった4年」、既存薬開発の課題

ドラッグリポジショニング活用の課題

2024年02月02日 15:38

189名の医師が参考になったと回答 

 希少・難治性疾患の治療薬開発において、既存薬を転用するドラッグリポジショニングが注目を集めている。しかし、既存薬メーカーの協力が得られれば開発期間とコストが抑えられる半面、事業性の問題から一筋縄では行かないのが現状だ。ノーベルファーマ執行役員/研究開発本部副本部長の八木良樹氏は、第44回日本臨床薬理学会(2023年12月14~16日)で特許期間が切れた後の先発権はわずか4年と短いなどドラッグリポジショニングの課題を指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  先発権は「たった4年」、既存薬開発の課題