メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  意図せぬ体重減少で発がんリスク2倍に

意図せぬ体重減少で発がんリスク2倍に

医療従事者15万例超の前向きコホート解析

2024年02月02日 11:20

216名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Dana-Farber Cancer Institute/スウェーデン・Karolinska InstitutetのQiao-Li Wang氏らは、医療従事者15万例超を30年以上追跡した大規模前向き研究であるNurses' Health Study(NHS)とHealth Professionals Follow-Up Study(HPFS)のデータを用い、体重減少とがん発症との関連を検討。その結果、体重減少がなかった者と比べ、2年間で10%超減少した者ではその後1年間の新規がん発症率が有意に高く、意図的な減量と比べ意図せぬ減少では約2倍とより顕著だったとJAMA(2024; 331: 318-328)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  意図せぬ体重減少で発がんリスク2倍に