メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬でCKD患者の尿酸値低下

SGLT2阻害薬でCKD患者の尿酸値低下

RCT8報のメタ解析とネットワークメタ解析

2024年02月02日 05:10

238名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 中国・University of Traditional Chinese MedicineのLinli Zhang氏らは、慢性腎臓病(CKD)を対象としたSGLT2阻害薬に関するランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューとメタ解析、さらにネットワークメタ解析(NMA)を実施。その結果、「SGLT2阻害薬はCKD患者の血清尿酸値を有意に下げ、有害事象発生率はプラセボ群と同等だった。SGLT2阻害薬の中では、ダパグリフロジン10mgの血清尿酸値低下効果が最も強い可能性がある」とBMJ Open Diab Res Care(2024; 12: e003836)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬でCKD患者の尿酸値低下