メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  肝斑にメトホルミン外用が有効かつ安全

肝斑にメトホルミン外用が有効かつ安全

システマチックレビューとメタ解析

2024年02月06日 17:45

240名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 タイ・University of Phayao/Chiang Mai UniversityのPajaree Mongkhon氏らは、肝斑に対するメトホルミン含有外用薬の有効性と安全性を検討したランダム化比較試験(RCT)3件・140例のシステマチックレビューおよびメタ解析を実施。その結果、肝斑面積・重症度指数(MASI)スコアで評価した肝斑の改善効果はプラセボよりメトホルミン外用薬で高く、ハイドロキノン、トレチノイン、ステロイド外用薬(フルオシノロン)の3剤を配合したトリプルコンビネーションクリーム(TCC)と同等だったとFront Pharmacol2023; 14: 1281050)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  肝斑にメトホルミン外用が有効かつ安全