メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  基礎医学 »  縄文人の腸内ウイルス、ほぼファージ

縄文人の腸内ウイルス、ほぼファージ

5,500~7,000年前の糞石をメタゲノム解析

2024年02月07日 11:57

194名の医師が参考になったと回答 

 国立遺伝学研究所の西村瑠佳氏らは、福井県の鳥浜貝塚から出土した5,500~7,000年前(縄文前期)の糞石に含まれる検体に対しショットガンメタゲノム解析(DNAの塩基配列を解析する手法)を実施したところ、ウイルスの99%以上が細菌に感染し、その細胞内で増殖するウイルスであるバクテリオファージだったことをPLoS One2024; 19: e0295924)に報告した(関連記事「日本人の腸内細菌・ウイルス叢の特徴とは」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  基礎医学 »  縄文人の腸内ウイルス、ほぼファージ