メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  がん関連VTE、各DOACの有効性は同等

がん関連VTE、各DOACの有効性は同等

システマチックレビューとネットワークメタ解析

2024年02月07日 17:20

184名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 国立循環器病研究センターの藤崎智礼氏らは、がん関連静脈血栓症(VTE)に対するさまざまな抗凝固療法を検討したランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューとネットワークメタ解析(NMA)を実施。「活動性がん患者のVTE再発予防に対する直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)4剤(アピキサバン、エドキサバン、リバーロキサバン、ダビガトラン)の比較において、有効性に差は見られなかったが、安全性(大出血リスク)に関してはエドキサバンと比べ、アピキサバンで有意に低かったとJ Am Coll Cardiol CardioOnc(2024年1月9日オンライン版)に報告した(関連記事:「がん関連VTE、抗凝固療法のポイントを解説」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  がん関連VTE、各DOACの有効性は同等