メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  電話による緩和ケアでも患者のQOLは改善する

電話による緩和ケアでも患者のQOLは改善する

2024年02月07日 18:22

169名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 命を脅かす慢性疾患を抱えている人に対する緩和ケアは、電話で行っても効果があるようだ。慢性閉塞性肺疾患(COPD)、心不全(HF)、および間質性肺疾患(ILD)の患者を対象にした臨床試験で、看護師やソーシャルワーカーが電話を通して症状の管理や心理社会的ケアを行ったところ、患者の生活の質(QOL)が有意に改善したことが明らかになった。米コロラド大学医学部教授のDavid Bekelman氏らによるこの研究結果は、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」に1月16日掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  電話による緩和ケアでも患者のQOLは改善する