メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  腎臓がん患者でのニボルマブの皮下注は点滴静注に劣らず

腎臓がん患者でのニボルマブの皮下注は点滴静注に劣らず

2024年02月08日 15:47

171名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 治療歴を有する腎細胞がん患者に対する免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)の皮下注は、点滴静注と比べて薬物動態と奏効率について非劣性であることが、米ロズウェルパーク総合がんセンターのSaby George氏らが実施した臨床試験で示された。研究グループは、「この結果は、がん患者の時間と医療費の削減につながる可能性がある」と述べている。この研究結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)泌尿器がんシンポジウム(1月25~27日、米サンフランシスコ)で発表された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  腎臓がん患者でのニボルマブの皮下注は点滴静注に劣らず