メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  緊急避妊薬の市販化に伴い女性の救急外来受診が激減

緊急避妊薬の市販化に伴い女性の救急外来受診が激減

2024年02月08日 15:50

196名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米食品医薬品局(FDA)が緊急避妊薬を処方箋なしで購入できる市販薬として承認したことが、米国の病院に予期せぬ好ましい「副作用」をもたらしたことが、新たな研究で報告された。緊急避妊薬の市販化により、女性の緊急避妊に関連した救急外来(ED)受診が96%も減少し、それに伴い医療費も大幅に削減されたことが明らかになったのだ。米ミシガン大学医学部産婦人科教授のErica Marsh氏らによる研究で、詳細は「JAMA Network Open」に1月26日掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  緊急避妊薬の市販化に伴い女性の救急外来受診が激減