メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  胃がん化学療法にICI上乗せ、アジアでも良好

胃がん化学療法にICI上乗せ、アジアでも良好

MATTERHORN試験

2024年02月09日 15:32

169名の医師が参考になったと回答 

 米国・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのYelena Y. Janjigian氏は、切除可能な局所進行胃がん/胃食道接合部がんに対する周術期治療としてのフルオロウラシル(5-FU)+ホリナート+オキサリプラチン+ドセタキセル(FLOT)療法へのデュルバルマブ上乗せの有効性と安全性を検証する第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験MATTERHORNについて、地域別サブグループ解析結果を米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2024、1月18~20日)で発表。病理学的完全奏効(pCR)は、アジア人においても良好だったことを報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  胃がん化学療法にICI上乗せ、アジアでも良好