メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  ニーマン・ピック病C型、NALLで神経機能改善

ニーマン・ピック病C型、NALLで神経機能改善

第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化試験結果報告

2024年02月09日 17:43

181名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 ニーマン・ピック病C型は、指定難病であるライソゾーム病の一種で、その治療薬としてライソゾームおよび代謝機能障害を改善する可能性のあるN-アセチル-L-ロイシン(NALL)が期待されている。スイス・University Hospital BernのTatiana Bremova‑Ertl氏らは、同疾患の治療におけるNALLの安全性と有効性を検討する第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化クロスオーバー試験を実施。NALLが神経機能を有意に改善したとN Engl J Med(2024; 390: 421-431)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

自身の診療に対する患者のクチコミやレビュー、気にしますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  ニーマン・ピック病C型、NALLで神経機能改善